Otter.ai(オッター)の始め方・使い方を徹底解説

Otter.ai(オッター)の始め方・使い方を徹底解説

Otter.aiは英語音声の文字起こしツールです。

Otter.aiを始めようと考えている人にとって最初の操作方法がわからない部分があると思います。

特に導入フローや各機能の目的が分からなくて困っている人もいるでしょう。

そんな人向けに図解を使って丁寧に説明しました。

この記事を参考にすればスムーズに導入できるでしょう。

ぜひ活用いただければと思います。

今回はOtter.aiの始め方・使い方を解説します。

この記事を書いた人

北岡ひろき(@kitaokahiro)

✅AIツールとSaaSの始め方を発信

✅SEOが大好きなWebマーケター

✅最高アクセス数20万PV

⇒初心者でもできるブログの始め方はこちら

※当ページのリンクには広告が含まれる場合があります。

\無料ではじめる/

Otter.aiを無料体験する方法については『Otter.aiを無料体験する方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

Otter.aiの始め方・使い方は『Otter.aiの始め方・使い方』の記事をご覧ください。

年額プランにすると最大で50%オフ

Otter.aiの始め方・使い方

アカウント作成

Otter.aiの公式サイトにアクセスします。

\無料ではじめる/

Otter.aiを無料体験する方法については『Otter.aiを無料体験する方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

Otter.aiの始め方・使い方は『Otter.aiの始め方・使い方』の記事をご覧ください。

年額プランにすると最大で50%オフ

「Start for Free」をクリックします。

アカウント登録に必要な情報を入力します。

「メールアドレス」を入力します。

「Create account」をクリックします。

「パスワード」を入力します。

「Next」をクリックします。

「名前」を入力します。

「Next」をクリックします。

アンケートを入力します。

「Continue」をクリックします。

登録したメールアドレス宛てに認証メールが送られます。

「Confirm email address」をクリックします。

Otter.aiのダッシュボードに移動します。

Otter.aiでアカウントを作成する方法は『Otter.aiを無料体験する方法』の記事をご覧ください。

アップグレード

プランのアップグレードをします。

「Get Otter Pro」をクリックします。

支払い情報を入力します

Yearly(年額)またはMonthly(月額)を選択。

Otter.aiの支払い方法は『Otter.aiの支払い方法』の記事をご覧ください。

項目は次の通り

カード番号 カード番号を入力
月 / 年 有効期限を入力
セキュリティコード セキュリティコードを入力

情報を入力したら申し込みをします。

「Purchase」をクリックします。

以上でアップグレードができました。

Otter.aiをアップグレードする方法は『Otter.aiをアップグレードする方法』の記事をご覧ください。

ログイン

Otter.aiの公式サイトにアクセスします。

\無料ではじめる/

Otter.aiを無料体験する方法については『Otter.aiを無料体験する方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

Otter.aiの始め方・使い方は『Otter.aiの始め方・使い方』の記事をご覧ください。

年額プランにすると最大で50%オフ

右上の「Log In」をクリックします。

ログイン情報を入力します。

「メールアドレス」を入力。

「Sign in」をクリックします。

「パスワード」を入力します。

「Next」をクリックします。

Otter.aiにログインできるとダッシュボードに移動します。

以上でOtter.aiへログインができました。

Otter.aiにログインする方法は『Otter.aiにログインする方法』の記事をご覧ください。

Otter.aiとは

Otter.aiは英語音声の文字起こしツールです。

Otter.aiはビジネス、営業、教育、メディアなどさまざまな分野で活用されています。

Otterを使用することで会議やインタビュー、講義などの英語の会話をリアルタイムにテキスト化することができます。

話者の識別やキーワード検索などの機能も備えておりレポートや議事録の作成時間を削減が可能です。

録音した内容を振り返る際にも便利であり会議中にはリアルタイムでテキスト化が行われるため集中できる環境を提供します。

Otterはさまざまな国々の方が話す英語にも対応しています。

 

Otter.aiの機能をまとめると次の通り

Basic Pro Business
月額 無料 $16.99(1,700円) $35(3,500円)
年額 無料 $120(12,000円) $240(24,000円)
テキスト変換
自動要約
ライブ文字起こし
同時会議数 1 2 3
文字起こし 300分 1200分 6000分
会話ごとの最大文字起こし 30分 90分 4時間
会話履歴 25件 無制限 無制限

Otter.aiは無料で利用できます。

\無料ではじめる/

Otter.aiを無料体験する方法については『Otter.aiを無料体験する方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

Otter.aiの始め方・使い方は『Otter.aiの始め方・使い方』の記事をご覧ください。

年額プランにすると最大で50%オフ

Otter.aiの価格・料金

Otter.aiの価格をまとめると次の通り

月額 年額
Basic 無料 無料
Pro $16.99(1,700円) $120(12,000円)
Business $35(3,500円) $240(24,000円)

それぞれ詳しく説明します。

Basic

Basicプランの価格は次の通り

月額 無料
年額 無料

Basicプランでは英語音声をテキストに自動変換するテキスト変換機能や音声やテキストを要約して表示する自動要約機能。

リアルタイムで音声をテキストに変換するライブ文字起こし機能が利用できます。

会議や会話の最大文字起こし時間は30分までであり会話の履歴は最大25件までとなります。

Basicプランは無料で提供されており初めて利用する方や軽量な利用を希望する方におすすめです。

Pro

Proプランの価格は次の通り

月額 $16.99(1,700円)
年額 $120(12,000円)

ProプランではBasicプランの全ての機能に加えて最大2つの会議を同時に記録・文字起こしできる同時会議数機能や月間の文字起こし時間が300分まで利用可能な機能が提供されます。

1つの会議や会話の最大文字起こし時間は90分までとなります。

Proプランはより多くの機能や文字起こし時間を活用したい方におすすめです。

Business

Businessプランの価格は次の通り

月額 $35(3,500円)
年額 $240(24,000円)

BusinessプランではProプランの全ての機能に加えて最大3つの会議を同時に記録・文字起こしできる同時会議数機能や月間の文字起こし時間が1,200分まで利用可能な機能が提供されます。

1つの会話ごとに最大4時間の文字起こしや無制限の会話履歴保存が可能です。

Businessプランはより大規模な利用や複数の会議を同時に記録したい方に適しています。

豊富な機能と文字起こし時間の拡張が可能です。

Otter.aiのよくある質問

Otter.aiのよくある質問をご紹介します。
Otter.aiは英語音声の文字起こしツールです。
Otter.aiの価格は『Otter.aiの価格・料金』の記事をご覧ください。
Otter.aiの支払い方法は『Otter.aiの支払い方法』の記事をご覧ください。
Otter.aiを無料体験する方法は『Otter.aiを無料体験する方法』の記事をご覧ください。
Otter.aiをアップグレードする方法は『Otter.aiをアップグレードする方法』の記事をご覧ください。
Otter.aiのレビューは『Otter.aiのレビュー・口コミ』の記事をご覧ください。
Otter.aiの始め方と使い方は『Otter.aiの始め方・使い方』の記事をご覧ください。
他のOtter.aiのよくある質問は『Otter.aiのよくある質問』の記事を参考にしてください。

他にわからないことやお困りごとがありましたらLINEでもご相談ください
\無料で相談/

友だち追加

\無料ではじめる/

Otter.aiを無料体験する方法については『Otter.aiを無料体験する方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

Otter.aiの始め方・使い方は『Otter.aiの始め方・使い方』の記事をご覧ください。

年額プランにすると最大で50%オフ
LINE登録で豪華プレゼント

 LINEに登録いただくと下記をプレゼント!

 ①プロが教えるおすすめAI副業

 ②業務で使える!AI活用術

 ③おすすめAIツール

 ④ブログで使えるプロンプト

 ⑤高単価アフィリエイトプログラム100選

 ⑥ブログ運営に必須のツール

 ⑦ブログ初心者がやりがちなブログの失敗談

 AIという新しい力をぜひ活用しましょう。
PAGE TOP