CopyMonkey(コピーモンキー)の始め方・使い方を徹底解説

CopyMonkey(コピーモンキー)の始め方・使い方を徹底解説

CopyMonkeyはAmazonの商品ページを最適化するAIツール。

CopyMonkeyを始めようと考えている人にとって最初の操作方法がわからない部分があると思います。

特に導入フローや各機能の目的が分からなくて困っている人もいるでしょう。

そんな人向けに図解を使って丁寧に説明しました。

この記事を参考にすればスムーズに導入できるでしょう。

ぜひ活用いただければと思います。

今回はCopyMonkeyの始め方・使い方を解説します。

この記事を書いた人

北岡ひろき(@kitaokahiro)

✅AIツールとSaaSの始め方を発信

✅SEOが大好きなWebマーケター

✅最高アクセス数20万PV

⇒初心者でもできるブログの始め方はこちら

※当ページのリンクには広告が含まれる場合があります。

\無料ではじめる/

CopyMonkeyを無料体験する方法については『CopyMonkeyを無料体験する方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

CopyMonkeyの始め方・使い方は『CopyMonkeyの始め方・使い方』の記事をご覧ください。

年額プランにすると6ヶ月分が無料

CopyMonkeyの始め方・使い方

アカウント作成

CopyMonkeyの公式サイトにアクセスします。

\無料ではじめる/

CopyMonkeyを無料体験する方法については『CopyMonkeyを無料体験する方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

CopyMonkeyの始め方・使い方は『CopyMonkeyの始め方・使い方』の記事をご覧ください。

年額プランにすると6ヶ月分が無料

「Start for free」をクリックします。

アカウント登録に必要な情報を入力します。

「メールアドレス」と「パスワード」を入力

「Sign up」をクリックします。

登録したメールアドレス宛てに認証コードが送られます。

認証コードを入力します。

「Validate」をクリックします。

アンケートを入力します。

「名前」を入力します。

「Continue」をクリックします。

「How would you describe yourself as an Amazon Seller?」は「Amazonセラーとしてどのように説明しますか?」

該当する内容を選択します。

「Continue」をクリックします。

「What is your sales volume in a typical month?」は「月の平均の販売量はどれくらい?」

該当する内容を選択します。

「Continue」をクリックします。

「Submit」をクリックします。

CopyMonkeyのダッシュボードに移動します。

CopyMonkeyでアカウントを作成する方法は『CopyMonkeyを無料体験する方法』の記事をご覧ください。

アップグレード

プランのアップグレードをします。

「Upgrade」をクリックします。

プランを選択します。

Annually(年額)またはMonthly(月額)を選択。

今回はProプランの「Proceed」をクリックします。

CopyMonkeyのプラン毎の価格と機能については『CopyMonkeyの価格・料金』の記事をご覧ください。

 

「Confirm」をクリックします。

支払い情報を入力します。

CopyMonkeyの支払い方法は『CopyMonkeyの支払い方法』の記事をご覧ください。

項目は次の通り

カード番号 カード番号を入力
有効期限 有効期限を入力
CVC セキュリティコードを入力
「日本」を選択

情報を入力したら申し込みをします。

「Pay」をクリックします。

以上でアップグレードができました。

CopyMonkeyをアップグレードする方法は『CopyMonkeyをアップグレードする方法』の記事をご覧ください。

ログイン

CopyMonkeyの公式サイトにアクセスします。

\無料ではじめる/

CopyMonkeyを無料体験する方法については『CopyMonkeyを無料体験する方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

CopyMonkeyの始め方・使い方は『CopyMonkeyの始め方・使い方』の記事をご覧ください。

年額プランにすると6ヶ月分が無料

右上の「Sign in」をクリックします。

ログイン情報を入力します。

「メールアドレス」と「パスワード」を入力。

「Log in」をクリックします。

CopyMonkeyにログインできるとダッシュボードに移動します。

以上でCopyMonkeyへログインができました。

文章作成などはダッシュボードで行います。

CopyMonkeyにログインする方法は『CopyMonkeyにログインする方法』の記事をご覧ください。

CopyMonkeyとは

CopyMonkeyはAmazonの商品ページを最適化するAIツール。

\無料ではじめる/

CopyMonkeyを無料体験する方法については『CopyMonkeyを無料体験する方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

CopyMonkeyの始め方・使い方は『CopyMonkeyの始め方・使い方』の記事をご覧ください。

年額プランにすると6ヶ月分が無料

CopyMonkeyを使うとキーワードを使って商品の説明を作ったり競合他社の成功例を分析したりすることができます。

CopyMonkeyを使えば商品の説明文を自動的に作ることができます。

重要なキーワードを見逃さずに入れることができるのでたくさんの人に商品を見てもらえます。

CopyMonkeyは無料で使えるのでお金をかけずに便利に利用することができます。

CopyMonkeyは商品の説明を効果的に作るためのツールです。

キーワードを活用してたくさんの人に商品を知ってもらい売り上げを伸ばすことができます。

 

CopyMonkeyの機能をまとめると次の通り

Starter Pro
リスティング 6 50
監視
キーワードアップローダー
リストの出力
編集
A/Bテスト ×

CopyMonkeyは無料体験することができます。

\無料ではじめる/

CopyMonkeyを無料体験する方法については『CopyMonkeyを無料体験する方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

CopyMonkeyの始め方・使い方は『CopyMonkeyの始め方・使い方』の記事をご覧ください。

年額プランにすると6ヶ月分が無料

CopyMonkeyの価格・料金

CopyMonkeyの価格・料金をまとめると次の通り

月額 年額
Starter $49(4,900円) $288(28,800円)
Pro $99(9,900円) $588(58,800円)

それぞれ詳しく説明します。

Starter

Starterプランの価格は次の通り

月額 $49(4,900円)
年額 $288(28,800円)

Starterプランでは毎月6件のAmazonリスティングができます。

編集は無制限に可能です。

Pro

Proプランの価格は次の通り

月額 $99(9,900円)
年額 $588(58,800円)

Proプランでは毎月50件のAmazonリスティングができます。

編集は無制限に可能です。

A/Bテストもできます。

CopyMonkeyのよくある質問

CopyMonkeyのよくある質問をご紹介します。
CopyMonkeyの価格については『CopyMonkeyの価格・料金』の記事をご覧ください。
CopyMonkeyの支払い方法は『CopyMonkeyの支払い方法』の記事をご覧ください。
CopyMonkeyを無料体験する方法は『CopyMonkeyを無料体験する方法』の記事をご覧ください。
CopyMonkeyをアップグレードする方法は『CopyMonkeyをアップグレードする方法』の記事をご覧ください。
CopyMonkeyのレビューについては『CopyMonkeyの口コミ・レビュー』の記事をご覧ください。
CopyMonkeyの始め方と使い方は『CopyMonkeyの始め方・使い方』の記事をご覧ください。
他のCopyMonkeyのよくある質問は『CopyMonkeyのよくある質問』の記事を参考にしてください。

他にわからないことやお困りごとがありましたらLINEでもご相談ください
\無料で相談/

友だち追加

\無料ではじめる/

CopyMonkeyを無料体験する方法については『CopyMonkeyを無料体験する方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

CopyMonkeyの始め方・使い方は『CopyMonkeyの始め方・使い方』の記事をご覧ください。

年額プランにすると6ヶ月分が無料

おすすめ おすすめAIライティングツール
LINE登録で豪華プレゼント

 LINEに登録いただくと下記をプレゼント!

 ①プロが教えるおすすめAI副業

 ②業務で使える!AI活用術

 ③おすすめAIツール

 ④ブログで使えるプロンプト

 ⑤高単価アフィリエイトプログラム100選

 ⑥ブログ運営に必須のツール

 ⑦ブログ初心者がやりがちなブログの失敗談

 AIという新しい力をぜひ活用しましょう。
PAGE TOP